高所のエアコン壁掛けから特注架台に置くだけ設置、ビフォーアフターを紹介します

エアコンの室外機、高所壁掛け設置から架台置きへのビフォーアフター

今回の大規模改修工事、導入したかったのがエアコン設置架台です

エアコン壁掛け設置のビフォー

大規模改修工事前はエアコン室外機置場が無いため壁掛け金具を使って室外機を設置していました。取り換え工事や修理の時はとても危険です。

高所壁掛けのエアコン室外機

中国だと高所でのエアコン壁掛けは無数にありますが、日本だと3階以上の壁掛け工事は危険なため受付不可になっているところが多いです。(写真は中国のエアコン設置事例)

中国でのエアコン壁掛け工事

しかも、スリムダクトを使っていたので、窓から身を乗り出してスリムダクトを固定したり、シールを打ったりしておりました。怖いです。

一番怖いのは室外機を取り外したり、設置するときです。万一落下させたら大事故の恐れがあります。

吊ってしまえば窓から作業は出来るのですが、故障時に修理を頼むとメーカーサービスから断られる可能性もあります。

エアコン架台設置後のアフター

大規模改修で導入したのがエアコンの架台です。

室内から見るとこんな感じになります。窓を開けて室外機を置くだけで設置できます。

室外機壁掛けから架台へ変更しました

エアコンのドレンは架台横に固定したパイプに接続するだけです。

スリムダクトも廃止したので、貫通部周りにはパテを詰めるだけです。

配管の接続作業も横にスペースが有るので作業性がいいと思います。これで、エアコン交換の外注も出来るようになると思います。

ブログランキング参加中

よければクリックして頂けるとうれしいです。


賃貸管理ランキング

お得情報お知らせ登録

お得情報お知らせ登録

新規お部屋の募集予定や家賃の値下げ予定など、お得な情報を事前にお知らせいたします。ご希望の方は下記よりご登録ください

お得情報お知らせ登録
メールアドレス
お名前(ハンドル名)
登録 削除
powered byメール配信CGI acmailer

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする